水いぼ治療の麻酔テープとピンセットの治療法は痛いのか?うちの子供の場合

どうもです(^.^)(-.-)(__)

前に子供の水いぼの事をかいたのですが
もう少し水いぼの治療したことを詳しく教えて~!という声がきたとかこないとか?w

せっかく頂いた声?
お役にたてるかは謎ですが・・・
うちの子供が水いぼ治療したことを思い出しながら
書いてみようと思います^^

の第2弾です!!
(すいません。冒頭コピペで端折りました)(;^_^Aゴメンナサイ~

前回は自然治癒にしようと思った事や
ヨクイニンの飲み薬での治療についてうちの子供の事を書きました。

今回は水いぼ積極的治療の
麻酔テープを貼った後にピンセットで取った治療の事をかいてみます。

スポンサーリンク

水いぼ治療の麻酔テープとピンセット!の流れ

さて、うちの子供(5歳児)の水いぼは
発見してから(自然治癒力に頼って)放置していたら一気に増え、その後に病院いったのですがヨクイニンだけでは追いつかず?で
積極的治療で水いぼをピンセットで取ってもらう事にしました。
(2017年6月に水いぼらしきを脇の下に発見!→7月には一気に増えて腕の見えるところにも水いぼがひろがる!!他のお友達にうつすといけないので皮膚科へ→ヨクイニン処方され様子見→ヨクイニンでは時間がかかりそうだったのでピンセットで取る治療をこころみる!・・・といった流れです。)

受診した皮膚科で治療の流れを確認すると、
・先生の診察
・麻酔テープを貼る
・その後、90分放置。
・時間がきたら診察室よばれる
・水いぼをピンセットで取っていく
・終了♪

と説明あり。

9、90ふん???1時間半も???(どうやって時間つぶすのだ??)
外出してもOKだが、時間前には必ず戻ってきてね^^
と言われる・・・^^;
(60分で診察室へ!と書かれていたブログやネットでの情報もあったので病院によって麻酔テープを貼る時間は違いがありそうですね)

とりあえず、うちの子供は水いぼ治療が初めてだったので
一度先生に診察してもらい、別室で看護師さんに麻酔テープを貼ってもらいました。
*この時、「次回の診察からはお母さんが麻酔テープを貼って来てください。」と言われる。
「麻酔テープの貼り方を教えるので覚えて下さいね」とも。(マジか?!緊張する~~)←覚えきれるか超不安な残念な母^^;

(帰りに次回予約分の麻酔テープを渡される。診察予約時間の90分前に自宅で貼って診察予約時間に間に合わせて病院へGO)←この方法だと病院での待ち時間がないのですごい助かりました。

・麻酔テープを15分割して水いぼが気になるところにも貼っていきます。
・90分放置(麻酔が効くまでの時間)
・その間、麻酔テープがずれたり、剥がれたりしないように気をつける(かいちゃダメ~)
・麻酔が効いてきた頃にピンセットで水いぼを取る

上記が麻酔テープをして水いぼをピンセットで取るまでの流れです

水いぼ治療の麻酔テープの貼り方

子供が水いぼ治療で受診した病院で教えてもらった麻酔テープの貼り方

まず、1枚の麻酔テープ(シート)を渡されます。

この麻酔テープを15分割にします。

こんな感じです
*ネット情報をみるかぎりでは麻酔テープのやり方は病院によって違いがありそうです。要確認!
時差が出来ないように手早く貼りましょう!(←と言われたが・・・指負傷中だったので難しかった^^;)

水いぼ治療 ピンセットでとるのは子供は大丈夫?

さて、前置きが長くなったようで申し訳ない(;’∀’)アセアセ
長くなったので結果を先に書いときます。

ネットでみると
・麻酔テープしてもとても痛かったようだ
・痛くてあばれた
・痛くてギャン泣き
・血が出てかわいそう

などの体験談をみていたので(うちの子供も泣くだろうと)覚悟して行ったのですが
泣きませんでした!!ひどく痛がる・・・という事もなくおとなしく治療を受けていました。(お!成長してる!)←こんなとこで成長を感じているナゾ母w
麻酔テープをしっかり貼れば、麻酔もしっかり効くのかな?(とこの時思った個人的感想)

子供は診察室入ってはじめは何をされるのか?と不安がっていましたが

「これは何かな?これね~すごいんだよ~!このすごいのちょっとやってみようか?!」と声をかけたり
「お!痛くないの?強いね~、カッコイイ~」と調子のらせたり^^
「いま一番好きなのなに?」と聞いて気をそらせているうちに水いぼをピッと取ったり。
子供の様子を見ながら声かけや対応を工夫していて、とにかく先生が凄かったです^^

うちの子供が痛がっって暴れたり、泣いたりしなかったのは先生のお蔭が大きい気がする。
(もちろん子供の頑張りもあります^^)

私が先生に「もっと痛がると思っていました」と言うと
「大きい水いぼは少し傷みを感じる場合もあるけど、麻酔テープをしっかりと貼れば大体は大丈夫だよ」とのこと。
(確かにテープがずれたり、浮いたりしないように気をつけてください!念押しされた~)

子供が水いぼ治療でピンセットした後の感想は痛いだったか?

ピンセットで取ってもらった後に
子供にどうだったか感想を聞いてみました。

コワかった?
・こわくなかったよ(ここは強がってる気がするw)

痛かった?
・痛いところもあったけど少しだけ。
・チクッぐらいだから我慢できた
(ほほ~!一応痛いところもあったんだね~。でも我慢できるくらい?!)

じゃ、大丈夫だったてこと?
・うん!
・でも、テープがイヤだった!!

なぜ?
・チクチクするもん
・触っちゃダメだし・・・
・長い


チクチクする!に関しては「そうだろうな~」と思いました。
材質?がハリのある感じでテープの角が肌にあたるとチクッと痛そうだなと思いながら
麻酔テープ貼られるところを見てました。

長い!は言わずもがな・・・(使い方あってます?w)(^^;

スポンサーリンク

さいごに

麻酔テープは
・一回の取れる個数制限があった。(病院による?)
・でも確実に取ることができる!(最大のポイント)
・麻酔テープが効くまでの待ち時間あり(90分程)
・時間の管理必要(麻酔テープが効いてるうちに治療できるように)
・貼る場所によってテープの角がチクチクあり?
・取るとき場合によっては多少の痛みはあるらしい(麻酔やらないよりか全然良いとおもう)
・90分程の時間拘束がちょっとめんどい

麻酔テープの最大のメリットは水いぼを取ったところは治療完了!になることかな^^

(水いぼ取ったあと)
ま、確かに血は少し出ましたが絆創膏してたらといい程度?

水いぼの治療期間を短期間ですませたかったら、
水いぼを発見したら(少ないうちに)ピンセットで取ってもらうのが一番手っ取り早かったかな~…。と3つの治療を受けて思いました。
(病院にもよるかもですが、1度で取れる個数が限られている場合があるので少ないうちに、広がるまえに!)
(本当は、自然治癒が理想なんですけどね)

広がってどうにも…や環境的に早く治療を…と考えている方の参考になればと
子供の水いぼ治療のピンセット編を書いてみました。

傷み少なくとれると良いですね☆
(みんながんばれ~)

次は硝酸銀治療の体験談です

スポンサーリンク